インプラント治療の際の痛みが不安なときは

###Site Name###

インプラントは、失われた歯の代わりとなる人工歯根を顎の骨に埋め込むため、口腔内手術を行います。

この手術は、失われた歯の根の部分の顎の骨に、ドリルで穴をあけるという手術です。

骨に穴をあけるため、何の処置もせずに手術をすればとても痛みます。

そのため、実際には事前に麻酔をかけます。

一般的には、注射で歯茎に麻酔薬を注入する方法が採られます。

注射されること自体が苦手だったり、注射の痛みも苦手な方の場合には、事前に歯科医にそのことを伝えておけば、注射ではなくて歯茎に塗るタイプの麻酔を施してくれます。
また、細い注射針を使うことで、痛みを緩和することもできます。

有名なYoutubeついて詳しく説明しているサイトです。

例え麻酔が十分に効果を発揮したとしても、顎の骨に穴を開けられるということで、痛みに不安を覚える場合には、歯科医にその不安をはっきりと申し出ておくことが大切です。

福岡の医療脱毛の情報はこちらです。

そのような不安を抱く人は少なくありませんので、インプラント手術の経験が豊富な歯科医ならば、その様な不安にもきちんと対応してくれます。

対応方法としては、不安や恐怖感を緩和するために、手術前に鎮静剤を点滴する方法が採られます。

池袋のインプラント情報なら、こちらをご参考にしてください。

鎮静剤ならば、インプラント手術を控えた緊張した気分を和らげてくれる作用がある上に、痛み止めとしての効果もあります。

そのため、鎮静剤と麻酔との相乗効果で、痛みに対する不安が和らいだ状態で手術を受けることができます。

但し、鎮静剤などを点滴する際には、心拍数や血圧などをモニターする設備と、十分な知識と経験を有した有資格者が必要なため、全ての歯科医で実施しているわけではありません。

痛みに対して不安を感じる場合には、どのような処置をしてくれるのかは、歯科医によく確認しておく必要があります。